NEWS

起業の甘いところはあえて言いません
  1. 新着情報
  2. 起業の甘いところはあえて言いません

ご予約・お問い合わせ

042-678-5225

042-678-5225

2018/09/07

起業の甘いところはあえて言いません

 

 

こんばんは!

 

東京は八王子市の「ひとり仕事人」伊橋行政書士です。

 

「相談者様どうされました?」

 

 

 

きょうは創業・起業のお話しです。

 

 

「自分のやりたい仕事を通して儲けたい」

 

「社会の役に立ちたい!」

 

「事業で自己実現したい」

 

と、はりきって起業を目指している方々に、水を

指すようで恐縮ですが、

起業の厳しさもお伝えしなければなりません。

 

 

残念ながら、相談に来られる方の中には、

経営する意識がないまま事業を始めてしまって、

数ヶ月で経営に苦しんでいる方が少なからず

いらっしゃるからです。

 

 

所長は10数年間、起業に関わってきた経験をもとに、

 

「事業を始めるときに何をしておくか」

 

「事業を継続するのはもっと大変で、何が大事か」

 

について述べていきます。

 

 

 

起業するときには、以外と「強い思い」が必要で、

 

「自分はなぜ起業するのか?」

 

「仕事を通して自分の人生をどうしたいか」

 

こういった基本的な想いや感情が人には必要

なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

【起業の厳しさ】

 

 

 

一昔前には、資本金300万円を用意しなければ、

法人設立がけきませんでした。

 

 

しかし、法改正で資本金が1円でも法人設立が

出来るようになったことや、比較的安く合同会社

形態などで法人設立できるようになりました。

 

 

また、政府も起業しやすいように法整備を整えて

きています。

 

このように起業のハードルが低くして、起業する

環境を整えることは、社会や経済が活性化して良い

ことだと言えるでしょう。

 

 

しかしながら、環境が良くなっても起業することや、

事業を継続する難しさは、依然として変わって

いないことは、十分に理解しなければいけません。

 

 

 

 

【創業・起業後のデータ】

 

 

 

事業を継続することがいかに難しいか、

会社が残っている割合を見てみましょう。

 

 

中小企業白書によると、10年後に約30%の

会社が、20年後には約50%の会社が廃業

しているのです。

 

 

また国税庁によると、平成25年度で約31%の

会社しか黒字計上していないのです。

 

 

 

伊橋所長は、何も夢や計画を持って創業・起業

を思い描いている起業家の方の思いや腰を

折りたくて述べてきたわけではありません。

 

 

むしろ、起業自体は素晴らしい経験ができ、

非常にやりがいを感じるものです。

 

でも、事業が生き抜き継続することのきびしい

現実があり、いろいろな事前の準備が重要だ

ということをお伝えしたいのです。

 

 

 

 

【準備の重要性】

 

 

事業を始めて経営する自覚を持って準備する。

経営のことを十分考える時間を設け、資金や売上計画

を練る。

 

これだけでも全然将来が変わってきます。

 

 

 

多くの方が事業に対して、すばらしい商品やサービス

と情熱を持っているのに、いろいろな準備をいていない

のでは、あまりに無謀です。

 

 

準備の大切さに少しでも早く気づいていただき、

事業のスタートダッシュから日常の活動ペースを

つかんでいきましょう。

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top