NEWS

上場のメリット・デメリット〔TPM)
  1. 新着情報
  2. 上場のメリット・デメリット〔TPM)

ご予約・お問い合わせ

042-678-5225

042-678-5225

2018/09/16

上場のメリット・デメリット〔TPM)

 

 

こんばんは!

 

東京都八王子市の「ひとり仕事人」伊橋行政書士です。

 

「相談者様どうされました?」

 

 

 

きょうは、TOKYO PRO Market (TPM)上場支援

メリット・デメリットを中心に述べていきましょう。

 

 

 

 

【上場して良いことは】

 

 

 

TPMに上場すると、他の東京証券取引所上場企業

と同じように、「東証上場企業」になります。

 

 

当然、上場によって得られるメリットを

上場した会社は受けられますね。

 

 

 

(セレモニー等、目に見えるメリット)

 

 

 

  • 1.4桁の銘柄コードがもらえる
  • 2.名刺、会社案内、ホームページ等の
  • 広告などに東証上場マーク(JPX)が使用できる
  • 3.適時開示情報閲覧サービス(TDnet)を使用
  • して、他の上場企業と同様に情報開示できる
  • (パブリックな会社となる)
  • 4.帝国データバンクなどの調査機関のデータ
  • として、上場企業区分に掲載される
  • 5.銀行との取引、人材採用、契約取引などの
  • いろいろな場面で、上場企業として優遇される
  • 6.上場時には、東証1部2部同様の打鐘など
  • セレモニーがある

 

 

 

 

 

 

 

(一般的な上場メリット)

 

 

 

  • ①知名度アップ:Web上場会社情報、 東証HP
  • 新聞雑誌、情報番組
  • ②信用度:決算開示、1R情報開示、、OPEN、
  • ガラス張り情報の信用
  • ③人材採用:新卒確保、優秀な中途人材確保、
  • 家族・身内からの信用
  • ③役職員・社員のモラルアップ:外部から、名刺、
  • 不動産ローン組みやすい、会社案内、取引の信用
  • 家族や友人から認められる、モチベーションアップ
  • ④取引の拡大:入口のハードル突破しやすい、
  • アポ取りやすい、実際に会える、聞いてもらえる、
  • 製品・商品・技術・実績等信用される、取引の
  • 継続性、与信突破、相手先の決裁おりやすい
  • ⑤資金調達:銀行審査基準通る、新規取引(口座
  • 開設)、追加融資受けやすい、取引先との関係強化
  • ⑥個人保証はずれる:政府系ガイドライン通る、
  • いち早く外れて融資拡大、他行とのバランス有利
  • ⑦内部管理体制:仕組みが実現される、上場の
  • 過程で必然的に強化される

 

 


 

 

何事もメリットばかりではありません。

 

上場のデメリットについてもあげておきましょうね。

 

 

 

【上場(TPMとの比較)のデメリット】

 

 

 

  • ①上場コスト・維持コスト:準備期間長い(TPMは
  • 短期間で済む)、TPMなら一般市場上場の
  • 10分の1以下のコスト、
  • ②支配権・買収リスク:TPMならオーナー社長の
  • 株式割合を維持できる
  • ③一般株主(外部株主)からの圧力:同様にTPM
  • なら避けられる
  • ④開示が面倒:TPMなら四半期開示が2回に、
  • J-Adviser・外部コンサル・士業を使う
  • ⑤関連当事者取引ができなくなる:別の形で、
  • 上場のために乗り越える、公明正大な上場企業に
  • なる
  • ⑥良いことも悪いときも発表しなければいけない:
  • 適時開示、決算開示、社会的信用を得る
  • ⑦事務作業増加:コンプライアンス、ワンランク
  • 上の内部統制、外部支援を受ける、信用の源

 

 

 

ちょっととっつきにくい用語が出てきて恐縮です。

伊橋行政書士法務事務所は、TPM上場主幹事

証券会社でJ-Adviserのフィリップ証券株式

会社と連携しています。

 

 

きょうはここまで・・

お疲れ様でした。

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top