NEWS

東京プロマーケット(TPM)の特徴
  1. 新着情報
  2. 東京プロマーケット(TPM)の特徴

ご予約・お問い合わせ

042-678-5225

042-678-5225

2018/09/17

東京プロマーケット(TPM)の特徴

 

 

こんにちは!

 

東京は八王子市の「ひとり仕事人」伊橋行政書士です。

 

「相談者様どうされました?」

 

 

 

きょうも引き続き「TPM」(TOKYO PRO Market)

ついてのお話しです。

 

 

特に特徴ある中小企業、ベンチャー企業、医療開発

系で、「特色はあるが、知名度・信用度・資金調達、

人材確保など、どれか1つ足りない」

 

 

といった企業で、弱みを解決したいという会社に

関心を持ってもらいたいと思っています。

 

 

 

 

【TOKYO PRO Marketの特徴(デメリット?)】

 

 

 

デメリットとなるかどうか。

受取かた次第ですが、TPMでは次のような特徴

があります。

 

 

 

1.流動性が低い

 

 

 

TPMで株式を購入できる投資家が

プロ投資家(特定投資家)に限定されています。

 

 

市場において流動性が極端に低いです。

 

 

裏を返せば、個人投資家(一般投資家)に振り回され

ずに事業経営に専念・集中できます。

 

このことをメリットと感じているTPM上場会社も、

多くあります。

 

 

 

 

2.上場時の資金調達が困難

 

 

 

上場後の流動性が低いことから、現状では上場時

公募売出しを行っても資金が集まりにくい状況。

 

 

 

ほとんどの会社が、上場前に第三者割当増資

行い、数千万円~5億円ほどの資金調達を

実現しています。

 

 

 

 

 

【TPMの開示等に関する特徴】

 

 

 

TPMは企業規模の小さな中小企業に配慮して

既存の他市場に比べて、いろいろな面で

開示基準が有利になっています。

 

 

 

  • ①継続開示:東証に発行者情報を提出する
  • (年2回)
  • ②四半期開示:不要(年2回のみ)
  • ③決算短信開示:45日以内(マザーズと同)
  • ④J-SOX:任意
  • ⑤会計監査人:任意
  • ⑥常勤監査役:任意
  • ⑦監査役会:任意
  • ⑧内部監査室:任意
  • ⑨インサイダー情報等の開示:マザーズなどの
  • 上場企業と同基準で開示必要

 

 

 

 

では、TPM上場を果たした会社の経営者は、

TPM上場についてどう思っているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【TPM上場企業経営者の声】

 

 

 

 

1.東証上場企業になるという圧倒的信用を獲得した。

 

2.知名度が格段に向上した。

 

3.信用獲得により、大手取引先と取引ができた。

 

4.信用獲得で、銀行取引が有利になった。

 

5.業務提携や企業買収が実現した。

 

6.銀行借入において、社長の個人保証が外れた。

 

7.上場後の資金調達が実現した。

 

8.上場企業の社長や社員になって、モラールが

上がった。

 

9.さらに上の上位市場へのステップとなった。

 

 

 


 

 

 

ここで、TPM上場支援の実に75%を占める主幹事

証券会社・J-Adviserの「フィリップ証券株式会社」

の概要を見てみましょう。

 

 

 

フィリップ証券株式会社は、シンガポールを拠点とする

Philip Capital Groupの日本法人。

 

当グループはアジア全域、アメリカ、ヨーロッパ、オースト

ラリア、中東など世界16カ国に展開している。

 

世界23の証券取引所と繋がっているアジアを代表する

総合ファイナンスグループ。

 

 

TPMの全身のTOKYO AIM市場の立ち上げから

参画し、TPM上場第1号案件から手がけた。

 

されに、主幹事(J-Adviser)として、上場支援取扱

シェアもダントツでトップ。

 

TPM市場において、圧倒的なノウハウを持っています。

 

 

☆伊橋行政書士法務事務所は、フィリップ証券株式会社

と、TPM上場支援において、連携事務所となって

います。

 

 

 

きょうはここまで・・

お疲れ様でした。

 

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top